ケノンの美顔器まぶしいって本当?対策は?

 

ケノンの美顔器は、光を放出し、それによって効果を得る仕組みになっています。その数、10連射の場合、4000回というショット回数になるほど。それだけ多くの数の光を放つと言う事もあり、利用する際は、非常にまぶしいものになっています。実際私が使用する時にも対策なしだとケノンの美顔器まぶしいと感じました。

 

特に顔に使用することの多い美顔器の為、そのまぶしさは、想像以上です。目の前がチカチカと細かな光を放つほどになってきます。その為、ケノンの美顔器を使用する際は、必ず、付属のサングラスを使用し、その上で、利用する事が義務付けられています。反対にサングラスをかけて利用しないと、まぶしすぎて周りが見えないほどの強い光です。

 

それほど、強い光の為、サングラスをしていても、まぶしいと実感するほどです。その場合は、サングラスをした上で、目をギュッと閉じて、使用する事もお勧めします。それでも、まぶしさを感じる人も少なくありませんが。初めて使う人の中には、そのまぶしさに驚いて、その光を直視してしまう人もいると言われています。しかし、そんな光を直視する事は、決してやらないよう注意してください。

 

このように、ケノンの美顔器を使用する際は、まぶしさをカバーする為、付属のサングラスを使用する事が基本になっています。しかし、部屋の中でサングラスをしながら、ピンポイントの場所に美顔器を使用する場合、慣れないと難しいと感じる人も少なくありません。その為、中には、サングラスを使用せず、しっかりと光を当てる場所を目で確認した上で、そのまま、目を閉じて利用する人も少なくないようです。

 

特に顔に使用する場合は、サングラスが思った以上に邪魔に感じる場合もあり、サングラスを使用しない状態でのケノンの美顔器のまぶしい対策は、使用する一瞬目を閉じると言った方法で利用している人も多いようです。決して、お勧めする事ができる使用方法ではありませんが、サングラスが邪魔をし、ピンポイントに光を当てる事ができないと感じた場合は、サングラスなしで、顔を横に反らしたり目を閉じると言った方法もお勧めになってきます。