ケノンの口周りの使い方

 

口の周りの産毛、ついついケアを忘れがちです。自分ではなかなか見えないのに、他人からはふとした瞬間に気づかれてしまう、危険なパーツです。
ケノンの脱毛器は、光を照射して脱毛する、エステなどで使われている技術と同じ最新の脱毛法です。目と目の周り、粘膜、IラインやOライン、唇以外の場所にならば全身どこでも使えます。そのため、口の周りにももちろん使うことができます。これでいつでもどこでも思いついた時に脱毛できるので、剃り忘れも防ぐことができます。

 

さらに、マスクをすると若く見える人、多いです。冬によく見るアイメイクバッチリでマスクをした女性。マスクを外すと思いがけず若くなかった、なんてことがよくあります。それだけ口の周りというのは年齢が出やすいパーツなのです。口元のたるみ、ほうれい線、しみ、シワなどがあると、実際よりも年上に見えてしまいます。

 

ケノンの美顔器は、光を照射する最新のスキンケア技術で、しみやソバカス、たるみやシワなどの肌の悩みに効果的です。若々しい口元に近づくために、とてもよい手段なのです。

 

ケノンの口周りの使い方は簡単です。まず、フラッシュから目を守るために、付属のゴーグルを装着します。そして、光を当てる部位を冷やします。付属の保冷剤を、肌に10秒ほどあてます。これで準備は完了です。

 

肌にカートリッジを当てて、光を照射します。脱毛は、レベル1の出力から始めてみましょう。美顔モードはレベル1で十分です。
ここで、注意しなければならないことがいくつかあります。まず、唇に当ててはいけない、ということです。唇は皮膚が薄いので、ダメージを与えることになってしまいます。口周りにケノンの美顔器を使う際には、唇を避けるのは当然ですが、それでも完全に光を当てないのは難しいでしょう。万全を期すためには、遮光シールで唇を覆うという使い方があります。
また、ホクロやニキビ、肌が荒れているところには使用できません。口の周りはホクロやニキビが多い人が結構います。注意が必要です。