美顔モードが熱い!?大丈夫?その理由は?

 

ケノンの美顔器は、光によるフォトフェイシャル美容法と同じ仕組みになっています。その為、利用する際、強い光を放つ仕組みになっているのです。そして、そんな、ケノンの美顔モードを使用した際、中には、「熱い!」と感じる人も少なくありません。もちろん、多少の痛みや熱さは、どうしても、美顔器を使用する際、避ける事ができない症状になっています。しかし、我慢できないほどの熱さなどを感じた際は、2つの理由が考えられる為、注意が必要です。

 

まず、一つ目がレベルの設定ミスです。ケノンの美顔モードの場合、レベルは10段階に分かれています。レベル1が最低、レベル10が最高となっており、出力に大きな違いがあります。そのレベル設定を少しでも良い効果を得たいからと言って、初めから高いレベル設定で始めてしまうと肌が熱いと感じてしまう事もあります。それは、決して、効果が出ている熱さではなく、肌にダメージを与えている熱さだと言っても過言ではありません。その為、熱さを感じた際は、設定レベルを少し下げて使用すると良いかと思います。

 

そして、二つ目が冷却不足です。美顔モードを使用する際、使用する場所は、十分な冷却が必要になってきます。冷却方法としては、保冷剤を使用し、10秒以上冷やす方法が基本になっています。その際、冷却時間が短かったりする事で、熱を感じやすくなってしまい、結果、「熱い!」と感じてしまう事になるのです。この場合は、十分に冷却を行えば、何に問題もありません。その為、改めて十分、冷却し、再度、使用する事で、熱さを感じることなく使用する事ができると思います。
以上のように、美顔モードにおいて、熱いと感じるという事は、レベル設定が間違っている場合は、肌への負担が大きいと考えられ、また、冷却不足の場合は、十分に冷却する事で、熱さを感じる事を防ぐことが可能です。どちらも、無理をして使い続ける事は肌にダメージを与える事も考えられる為、必ず、使用を中止し、対策を行ってから再度、開始する事をお勧めします。