自宅で光フェイシャルできるケノンは目も大丈夫?

 

目の周りに出来てしまった小じわやまぶたのたるみなど、年齢と共に目の周りの悩みも増えていくかと思います。「出来れば、何とかしたい!」と思った時、強い味方になってくれるのが、自宅で誰でも簡単に光フェイシャルが行えるケノンの美顔器です。

 

ケノンの美顔器には、シワやたるみを解消させる効果を期待する事ができ、その事から、目の周りの小じわやまぶたのたるみにも効果を期待する事ができるのです。ただし、ケノンの美顔器を目の周りに使用する際は、いくつかの注意が必要です。

 

まず、第一にケノンでは、目の周りでの使用は、決して、推奨していないと言う事。その為、万が一、何かトラブルが発生した場合は、ケノンの責任ではなく自己責任となる為、注意が必要です。その上で、最善の注意を守って使用する事になる目の周り。

 

まず、光対策として、目の周りを行う際、サングラスを使用する事はできません。その為、十分に注意し、光を見る事のないよう、使用するときは、まぶたを閉じるなどして対応する事が大切です。また、まぶたへの使用は、出来るだけ避ける事をお勧めします。

 

まぶたに直接使用した場合、いくら目を閉じていても、光が目の中に入ってくる危険性が高くなってきます。その上、まぶたは、想像以上に汚水皮膚になっている為、危険性が高くなってしまうのです。そう言った事から考え、まぶたに直接使用することは避け、目の周りのシワやたるみを解消させる事で、まぶたのハリも回復するよう工夫する事が大切です。

 

以上のように、ケノンの美顔器を目の周りに使用すると言う事は、実際の所、お勧めする事は出来ません。目の周りのシワやたるみが気になる場合は、出来るだけ、化粧水などで安全に解消される事をお勧めします。しかし、絶対にケノンの美顔器を使用してはいけないと言う事ではなく、あくまでも、自己責任の上で、目の安全と皮膚の安全を守り使用する事をお勧めします。また、その際、レベルを低く設定するなどと言った工夫もお勧めです。

 

このように自宅で光フェイシャルできるケノンは目にも使えますが、安全性のために注意しながら使用するようにしましょう。