ケノン美顔器でおでこのシワが消えるメカニズム

 

年齢を感じる肌の特徴というと、何でしょうか。やはり一番は、シワです。目尻や口元のシワやほうれい線は、年相応の顔、という程度の印象にしかならないのですが、おでこのシワだけは異常に「老け」た印象になります。しかも、深く刻まれていることが多いです。そうなると、なかなか取ることは難しそうです。しかし、ケノン美顔器はこの強敵、おでこのシワにも効果的なんです。

 

おでこのシワの原因はいろいろあります。頭皮の垂れ下がり、筋肉がなくなってきた、水分が保てていない、コラーゲンを作る力が弱くなった、などです。簡単に言ってしまうと、たるみとハリのなさ、そしてコラーゲンの不足です。ケノン美顔器はこれらを解決するフォトフェイシャルという美容法と同じ仕組みの機器なのです。それは光を使った最新の美容技術で、シミ、ソバカス、たるみ、くすみなどいろいろな肌の悩みに効果があります。

 

ケノンのハンドピースからは、カメラのフラッシュのような光が出ます。それを肌に当てると、シミやソバカスの元になっているメラニンに作用します。沈着しているメラニンを破壊して浮き上がらせます。そしてメラニンは古い皮膚と一緒に剥がれ落ちていくのです。それだけではありせん。この光は肌の細胞にコラーゲンなどの成分をつくることを促してくれます。それにより、ハリとツヤのある輝く肌に変わっていき、たるみが解消します。また、シワが刻まれにくい肌がつくられていくのです。

 

使う際には、ケノン美顔器のハンドピースを肌に直角に当てて、フラッシュのボタンを押すだけで光が照射されます。光を打つ前後には、該当の皮膚を保冷剤で約10秒ずつ冷やします。照射角は90℃と決まっています。うまく当てていないと照射が始まりません。おでこは鼻や顎に比べてハンドピースをまっすぐ当てやすい部位になります。ケノンでケアしやすいパーツであると言えるでしょう。マッサージや食事からのコラーゲン摂取をしなくてもケノンでおでこのシワが消えたら、簡単だし嬉しいですね。