ケノンを使い続けた結果ニキビあとが消えるメカニズム

 

顎や頬に残ってしまうニキビあと、気になります。茶色い斑点のようなものがうっすらと見えて、化粧でもしっかり隠すのは手間がかかるし、肌がくすんで見える原因にもなってしまい、憂鬱です。こうした茶色のニキビあとは、メラミンが色素沈着している状態です。シミやソバカスと同じものになっているのです。さらに日焼けをすることで、ますます沈着していきます。

 

ケノン美顔器の使用者の中には、ニキビあとが消えたという人がいます。これは、ケノン美顔器が次のようなメカニズムを持っているため、可能になることなのです。ケノンは、フォトフェイシャルという美容法で、特殊な光を使った最新の美容技術です。シミ、ソバカス、たるみ、くすみなどいろいろな肌の悩みに効果的と評判を得ています。

 

ケノンは肌に当てたハンドピースからフラッシュのような光が出て、シミやソバカスの原因になっているメラニンに光を届けます。すると、光は熱になり、沈着しているメラニンを破壊してくれます。メラニンを浮き上がり、新しい皮膚ができて古い皮膚が剥がれ落ちる時に一緒に剥がれ落ちていきます。こうしてシミやソバカスが薄くなるのです。ニキビあともシミやソバカスと同じ色素沈着なので、やはりケノンの光で消していくことができるのです。さらに細胞にはたらきかけて、コラーゲンなどハリとツヤを出すのに必要な成分を促すこともできます。こうして明るくて弾力のある美しい肌になっていきます。

 

ただし、このような効果を実感するにはしばらく使い続けなければなりません。エステや美容系の病院で受ける施術でも、4?5回は通わないと効果がわからないものです。とはいえケノンならば自宅で好きな時に自分で使うことができるので、続けやすいため、効果も得やすくなります。1?2週間に一度がちょうどいい頻度なので、これなら続けることができるという人が多いのではないでしょうか。だんだんとニキビあとが消えていくことを期待して、根気よく続けることが大切です。