ケノンがたるんだ毛穴がつながったシワを消せる理由

 

お肌の曲がり角は25歳などをよく言われますが、20代後半頃から肌は着実に衰え始めています。ふと気が付くと毛穴の開きが目立つと感じた方は要注意です。

 

加齢による毛穴の開きは肌のたるみが原因になっていて、毛穴の形が縦長の楕円形になっているのが特徴です。たるみ毛穴と呼ばれるもので、たるんだ毛穴同士がくっつくとシワのような帯状毛穴へと進化することもあります。

 

しかし、諦める必要はありません。最近ではたるみ毛穴や帯状毛穴を改善できる美顔器ケノンがあります。ケノン美顔器はエステなどの光フェイシャルやフォトフェイシャルと同様の効果が期待できます。

 

たるみの原因は加齢によるコラーゲン不足が大半です。また、コラーゲンは肌の奥の真皮という部分にありますから、毎日のスキンケアでは化粧品がこの真皮まで届くことはまれです。

 

しかし、ケノンなら大丈夫です。光がしっかりと真皮まで届きますから、肌細胞を活性化してくれて、コラーゲンなどの活動を高める働きがあります。定期的にケノン美顔器でお手入れを続けることで、自然とコラーゲンが増えていきます。

 

コラーゲンが増えると肌のハリが戻ってきますから、たるみが少しずつ改善されてきて、たるみ毛穴や帯状毛穴が目立たなくなってきます。ハリ不足で重力に負けてしまっていた肌が上向き状態になってきますから、毛穴の開きが改善されてきます。

 

また、コラーゲンだけでなくヒアルロン酸も増えるようになりますから、肌の水分保持力も高くなります。つまり、乾燥しやすい年齢肌から潤いを保ちやすい肌へと徐々に変わってきます。

 

お手入れ方法はいたって簡単で、週に一度から10日に一度程度の周期でケノンで光を照射してあげるだけです。特別なジェルや美容液などを塗る必要もありませんから、コスパも最強です。美顔用のカートリッジは1つで40000発は照射できますから、長期間使えます。

 

おうちで手軽に使えるので、たるみ毛穴や帯状毛穴に悩んでいるなら、ケノンでお手入れを始めてみましょう。