ケノンは目を閉じるだけじゃダメ?サングラスは必要なの?

 

ケノンは光のフラッシュによって脱毛やスキンケアをする美容機器です。ケノンにはサングラスが付属でついてきます。なぜなら、ケノンの光は直接目で見ると眩しすぎるからです。目を光から守るために、サングラスを着用して使用することになっています。
しかし、このサングラスが使いにくいという声もあります「サイズが顔に合わない」「光を当てる場所がよく見えない」「美顔器として使用する際に、こめかみやおでこに使う時に邪魔になる」「顔にフラッシュを当てる時には、サングラスをしていても光がまぶしく感じる」などの理由が挙げられます。

 

サングラスを使わなくてもいいのでしょうか?公式の使い方として付属のサングラスの着用が推奨されている以上、それ以外の方法は自己責任で行うことになりますので、注意してください。それを踏まえた上で、市販の別のサングラスを使っている人や、目を閉じることで行っている人もいるようです。

 

付属のサングラスというのは特殊なものではないので、市販の他のサングラスを使うのは問題なさそうですが、ケノンカートリッジから照射された光を完全に遮断するよう、安全性はクリアされているものなので、極力推奨されているサングラスを着用したほうが精神衛生上も良いでしょう。

 

ちなみに、ケノン脱毛カートリッジと美顔カートリッジから照射される光の波長は異なるものです。脱毛カートリッジから照射される波長の光は遮ることはできても、美顔カートリッジから照射される波長の光も遮ることができる保証はどこにもありません。市販のサングラスといっても、100円ショップで売られているものから高級ブランド品まで様々です。確実に安全にケノンを使用するには推奨されている同梱のサングラスを着用することが望ましいと言えるでしょう。

 

また、光が目に入らなければいいので、目を閉じるのも十分目的を達することができると考えられます。ただし、サングラスの色の濃さや目を瞑るタイミングによっては、ハンドピースがずれてしまっても気がつかない恐れがあります。

 

ケノンの光の照射は、必ず肌を冷却してから行う必要があります。しっかり冷やされておらず、出力レベルが高いとやけどのようになってしまう危険があるのです。もし目を瞑っていたせいで照射位置がずれてしまい、十分な冷却がされていない部位にフラッシュをしてしまったら、痛みを感じる場合もあるでしょう。

 

さらに同じ部位に続けて打つことも避けなければなりません。これも、目を瞑っていてハンドピースがずれてしまい、重ね撃ちになってしまっては危険です。これらに注意して、失敗なく施術を行えるのであれば、付属のサングラスを使わずとも、他のサングラスや目を瞑るだけでもケノンを使うことはできるでしょう。ただこれらは全て自己責任で行う必要があります。安全を重視するのであれば付属のサングラスの使用をおすすめします。