ケノン美顔器の鼻への使い方

 

顔の真ん中にあるパーツ、鼻。嫌でも目に入るここは、多くの人が悩みを抱える場所でもあります。
しみやソバカスができやすい場所です。そして、毛穴に汚れが溜まりやすい。そう、イチゴ鼻です。黒くぷつぷつと汚れの見える鼻は、悩みのタネと言えるでしょう。指で押し出すのは、傷つきやすく毛穴が広がる原因にもなるのでNGです。ひたすら洗顔と保湿を繰り返すという地道な努力が求められます。

 

このイチゴ鼻にも、ケノンの美顔器が効果的です。光を照射して脱毛する、エステなどで使われている技術と同じ最新の美容法です。目と目の周り、粘膜、IラインやOライン、唇以外の場所にならば全身どこでも使えます。もちろん鼻もOKです。コラーゲン増幅効果により、ハリのある肌になり、毛穴が目立たなくなるというのです。

 

それでは、ケノン美顔器の鼻への使い方を説明します。

 

まず、洗顔します。化粧や日焼け止めを落とし、清潔にしておきます。美顔器を準備したら、光の照射から目を守るため、セットのゴーグルを着用します。こちらはセットで付いてくるものがあります。セットで付いてくる保冷剤をあらかじめ冷やしておき、これ肌に何秒間かあて、光をあてる部分を冷却します。そしてハンドピースを当てて、光を照射します。美顔モードはレベル1の出力で十分です。光を当てたらまた冷却し、次の部分に移ります。

 

ハンドピースのヘッド部分を肌に沿うように当てます。すると照射角が直角になるはずなので確認してください。正しく当たっていないと、光の照射が始まりません。90°を意識して、焦らずゆっくりやっていきましょう。

 

いくつか注意すべきポイントがあります。当ててはいけない部位があるので、そこを避けるようにしましょう。鼻の近くで気をつけなければならないのは、鼻の穴の中、目、目の周り、唇です。さらに、ホクロやニキビなどの皮膚の状態が正常でない部分もダメージを与えてしまうのでダメです。遮光シールでこれらの部分を隠してしまう方法が安心です。